ITエンジニアが独立する際によく問題となるのが、仕事が少なくなるという問題です。
独立前は仕事がたくさんあったはずなのに、独立してみたら仕事が急激に減るということがあります。独立前から念入りに準備しておくと問題は起きにくいかもしれませんが、決して起きないことではありません。
その時の改善案は、主に2つあります。

1つは、クラウドソーシングなどに登録し、日々の仕事を得る方法です。これであれば、業種を変えることなく仕事を続けていくことができるでしょう。
しかし、長期間の仕事になることは少なく、安定した収入にすることは難しいかもしれません。

もう1つの改善案は、クラウドソーシングと平行して営業を行うことです。
知り合いを訪ねたり、仕事になりそうな企業へ営業をすると良いでしょう。全く知らない所だと門前払いになる可能性がありますので、昔知り合った人などを頼るといいです。

他によくある問題としては、個人だと契約できないという問題もあります。企業との取引では、企業同士でなければ取引ができない場合もあるためです。
独立後にそれが問題になったのであれば、改善案としては会社を設立することになるでしょう。特に公的機関の仕事ではこの可能性が高いです。
個人で仕事をすることに不都合を感じたら、迷わずに会社にすると良いです。会社にすることで仕事ができるのであれば、会社にしない手はありません。
また、税制上のメリットを得られる可能性もあります。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 生き残り大作戦. All Rights Reserved