ITエンジニアにとって、IT系のスキルが十分に高い水準にあるのは大切です。キャリアアップを目指して転職する際は、特に自分が専門としてきたIT系のスキルをアピールすることが基本となりますが、それだけに留まっているとキャリアアップには限界が生じます。

スペシャリストとして活躍できれば十分というのなら、IT系のスキルを深めておくだけでも十分な場合もあるかもしれません。しかし、管理職になっていきたいと考えている場合、IT系のスキルだけで満足していると目標を達成するのは困難です。

管理職候補として採用されるためにはマネジメントスキルが必須であり、その素養があるかどうかをキャリアから判断されます。
昇進してプロジェクトリーダーなどの経験を積めればそれに越したことはありません。あるいは一度独立して、フリーエンジニアとして働くのもマネジメントスキルをアピールする上で役に立ちます。

一方、高いマネジメントスキルがあったとしても、現場から受け入れられなければ意味がありません。現場のスタッフの潤滑油として働くことも、管理職にとって欠かせない要素です。
そのため、どんなエンジニアともうまく接することができる、高いコミュニケーションスキルが求められます。その基礎として、広いITの知識が必要になることも念頭に置いておきましょう。
基本的には面接でコミュニケーションスキルの高さは見られているので、その意識を持って面接に対応することが重要です。

 
 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2019 生き残り大作戦. All Rights Reserved